休校中の教材サイトの選び方

◎サイトの選び方

休校からデジタル教材のコンテンツもたくさんあるのでどれを使えばいいのか悩んでしまいますよね。

サイトは行政から発信している情報が信頼性が高いものになります。

民間の教材にも良いものはたくさんありますが、ここのページでは、教材選びの一歩として行政から発信している休校支援としての小学生のためのデジタルコンテンツの紹介をしたいと思います。

北海道の行政が提供する教育コンテンツ

北海道・札幌市の提供する休校支援のサイトです。

北海道どさんこ学び応援サイト、北海道子ども応援テレビは北海道教育委員会が提供しています。

北海道どさんこ学び応援サイト

北海道どさんこ学び応援サイトでは、札幌市以外の北海道内の教育支援にあたります。北海道どさんこ学び応援サイトの中に北海道子ども応援テレビが掲載されています。

学習進度は北海道も札幌市もそんなに大きくは変わらないので、札幌市に住んでいてもコンテンツのひとつとして利用するとよいでしょう。

家庭学習のすすめ~教科書で学ぼう~

では、教科書に準拠した学びについて進度の日程指針をカリキュラム形式で示されています。

家庭で親御さんが一緒について学習できる時には、掲載されているPDFをガイドに教科書をみながら学習を進めるつくりになっています。

家庭学習応援動画やe-ラーニングシステムは通っている学校からお知らせでユーザーIDやパスワードが発行されていれば使えるシステムです。

学校で案内されていてよくわからない場合には、学校から連絡がきている窓口に問い合わせしましょう。

北海道子ども応援テレビ

北海道子ども応援テレビは北海道教育委員会と民放が協力して作成されたテレビ放送の学習コンテンツです。

5月上旬に北海道の各局のテレビで放送されていましたが、今は放送期間を終了しています。ネット環境がなくても利用できるテレビによる学習は助かりますね。

札幌市臨時休校中の学習課題

臨時休業中の学習課題は、札幌市教育委員会は札幌市の学校に通う子どもたちを対象に公開している学習教材を集めたコンテンツです。

休校の間に自宅で進めてほしいプリントがPDFが並んでいるので、自宅で印刷して使う事を想定されています。

印刷して、子どもにやらせるのが大変ですよね。

プリントをさせるのは大変ですが、動画はとてもよくできているのでお勧めです。レベルの高い授業をYouTubeで体験できます。

特にここから掲載する、算数の先生は北海道では有名な伝説の算数の先生です。

普通授業してもらえることはないのに動画で学べるのはとてもラッキー!

貴重な動画でぜひ楽しく学んでください。

算数の動画は随時更新されているようですので、下のリンクより日々ご確認いただけるとよいかと思います。

札幌市では、お子様が新型コロナウィルス感染症の影響により登校できない場合(基礎疾患がある場合に限らず)の自宅での学習についてサポートする取組があります。必要なかたは、下のリンクから確認してください。

令和2年度の教育活動について~学校再開後の児童生徒サポート~

文部科学省が提供する教育コンテンツ

北海道と札幌市の教育支援のためのコンテンツについて紹介してきましたが、文部科学省からも新型コロナウイルスに関わる子どもと保護者のための学び応援サイトが提供されています。

すでに、マスクの供給はされ始めていますが、わかりやすく、3~4月の手作りマスクの作り方紹介としてとても人気な動画でした。

文部科学省から色々な学びのページへリンクされているので、お子様の興味関心の高いサイトを探すこともできますね。

サイエンスや宇宙などのコンテンツも充実していますね。

今年からスタートしたプログラミング教育についてのコンテンツが見当たらないのが残念ですね!

最後に・・・

まずは、教育サイトを使ってみるための初めの一歩として、北海道と札幌市、文部科学省から発信されている教育コンテンツについてご紹介させていただきました。

全国の各自治体や民間の教育サイトもたくさん出てきています。

次回はそちらの情報もお届けしたいなと思います。

北海道の札幌圏外では2020年5月18日から分散登校も始まっているようです。

2か月以上もの休校で教育格差が心配なところです。

学校の先生にも質問したり、インターネットのコンテンツも活用して、お子様への教育のフォローがきめ細かくできるといいですね。